クラミジアで反復性うつ病障害になる?バルトレックスとは

日本人で多い性病のひとつであるクラミジアは、女性にとっては不妊症の原因になることがあります。また若い時に付き合っていたパートナーから移されてしまい、クラミジアが原因で不妊なってしまった女性が、反復性うつ病障害になることもあります。反復性うつ病障害とは、治ったりまた発症したりを繰り返すうつ病です。この反復性うつ病障害とクラミジアに関係性はありませんが、クラミジアによる不妊で反復性うつ病障害を発症してしまう理由としては不妊になります。

当時は一生の愛を誓った仲でも、必ず結婚するとは言い難いです。その以前付き合っていたパートナーから移されたクラミジアが原因で不妊になり、現在の旦那さんと子供ができないことは、女性にとってうつ病を発症してしまう理由になることもあります。自分が性病になるようなことをしていないとしても、パートナーの裏切りによって移されることがあるのが性病です。特に女性は罹患しても自覚症状がない方も多いですので難しいこともありますが、自身やパートナーの性器になんらかの異常を感じた場合は、速やかに検査をするようにしましょう。最近では、自宅で検査をすることができる検査キットがありますので、そのようなものを利用するのも良い方法です。

バルトレックスも性病である性器ヘルペスの治療に用いられる医薬品です。ヘルペスにも種類があり、性器ヘルペスと違うウィルスになる口唇ヘルペスもバルトレックスが良く聞きます。ヘルペスウィルスを持っている人は、免疫力が落ちたり疲労が重なることでヘルペスを発症しやすくなりますので、バルトレックスを所持しておくと症状を最小限に抑えることができます。バルトレックスはヘルペスウィルスの増殖を抑える効果があります。



ページトップへ